サービスの対応期間

ポリシー

ソフトウェアサービスの対応期間(サンセット)ポリシー

World Programming はリリースされている各バージョンの WPS ソフトウェアの製品終了日(EOL)まで、テクニカルサポートを提供します。

バージョンとバージョン番号

WPS ソフトウェアのバージョン番号は A.B.C のような形式から成っておりそれぞれ、

  • A はメジャーバージョン番号
  • B はマイナーバージョン番号
  • C はリビジョン番号

新しいバージョンのソフトウェアがリリースされると以下のようになります。

  • メジャーバージョン番号 A の変更はメジャーアップグレード
  • マイナーバージョン番号 B での変更はマイナーアップグレード
  • リビジョン番号 C での変更は更新

アップグレードは通常、新しい機能を含んでいます。メジャーアップグレードは動作の変更や前のバージョンと非互換な場合があります。使用前にすべてのアップグレードのテストを完全に行い、新しいソフトウェアが適切に機能しているかを確認して、そうすることで新しい機能や動作を理解し、潜在的な落とし穴を回避できるようにすることをお勧めします。

更新は機能的な欠陥やパフォーマンスの問題、ドキュメンテーションの誤りなどを改善するための変更を含んでいます。更新では通常、新機能の追加を行いませんが場合によっては行うこともあります。デプロイメントでのリスクを最小限に抑えた完全に下位互換性のあるメンテナンスの安定した更新を予定していますが、すべての更新を使用前に十分にテストすることをお勧めします。更新を行うときの技術的なリスクは、機能的な後退に関してはアップグレードを行うリスクよりも低いです。

一般公開とアーリーアクセスプログラム

ソフトウェアが公式にリリースされるとそれは「一般公開」(GA)となります。当社の GA ソフトウェアは、テストやドキュメンテーション、ローカリゼーションなどを含む厳しい QA プロセスを通り、多数のユーザーの実用に耐えるよう準備が整っています。当社では GA ソフトウェアは一年に一度、第一四半期にリリースされます。

当社のアーリーアクセス(EA)プログラムに参加していただくと、通常は各四半期に一度、当社ソフトウェアの EA リリースをご利用いただくことができます。EA ソフトウェアのテクニカルサポートの権利と対応期間は GA ソフトウェアのものと異なります。

EA プログラムのメンバーであると、ライセンスを保持している GA ソフトウェアと同じ所定の場所で EA ソフトウェアを使用することができます。当社の任意により完全なテクニカルサポートサービスを提供する場合があります。

EA ソフトウェアの実務環境での使用をお考えの場合、完全なテクニカルサポートサービスの提供に応じる場合があります、お客様のご要望について当社までご相談ください。

EA ソフトウェアの製品終了日は、その次の EA リリースの日付になり、これはつまり EA ソフトウェアの寿命は通常3ヵ月となります。それを超えた EA ソフトウェアの使用については当社によって前もって同意されていない限り、対応しておりません。

サービスの対応期間と製品終了日

メジャーでもマイナーでもアップグレードでは当社ソフトウェアの新しい GA 版を構成します。

当社では各 GA 版ソフトウェアを最低でもそのリリース日から4年間もしくは次に続く GA 版のリリース日から3年後、どちらか遅い方をサポートします。各版は1つもしくはそれ以上のリビジョンがある場合があります。リビジョンは EOL datesに影響しません。

GA 版のソフトウェアの製品終了日を超えてその製品を使用したい場合、必要要件を話し合うために当社までご連絡頂く必要があります。継続使用が認められても、追加料金が発生する場合があります。

場合により GA ソフトウェア以外の使用を提供することがあり例えば、アーリーアクセスやテクニカルプレビュースキームに基づいたもので、アルファやベータのソフトウェアとして知られています。場合に応じて実務使用においてはテクニカルサポートの提供に応じることがあります。すべてのプレビュー版ソフトウェアは、 GA 版サービスの対応期間の確約の範囲外になります。