WPS Analytics

拡張性のあるデータ操作と分析のための
パワフルで多機能なソフトウェアプラットフォーム

1つのプログラムにオープンソースの言語を混合させる柔軟性と共に、内蔵の SAS 言語のコンパイラーを組み込んだプロセッシングエンジン
ビッグデータを含む複数のデータソースへアクセス
WPS の概要
スタンドアローンでの使用もしくは、データアクセスの制御やオンデマンドな API へのモデルのデプロイメントを含む企業管理設備と共に使用
オンプレミスやメインフレーム、クラウド環境へリンクする柔軟なデプロイメント

1つの総合分析プラットフォーム

視覚的なワークフローとコーディングを使用して、データに焦点を当てたアプリケーションを構築します。データサイエンス、ETL、予測的モデリング、データマイニング、アルゴリズムや API の開発を行うことが可能です。


ワークベンチ

初心者から上級者のユーザーまで使える、視覚的なワークフローやマイニング、モデリング、コーディングのツールが備わっている、分析者やデータサイエンティストのための直感的なユーザーインターフェースです。高いパフォーマンスのデータプロセッシングエンジンのおかげで、ワークベンチはご利用の PC でスタンドアローンもしくは、サーバーやクラウドプラットフォーム上の中央集中型の WPS Analytics インフラへ接続して使用することができます。


Hub

データアクセス、モデルやプログラムのデプロイメント、オンデマンドでリアルタイムなスコアリングを行うための分析 API 公開のための中央集中型制御です。


プロセッシングエンジン

WPS Analytics プラットフォームにとって非常に堅牢で拡張性の高いバックエンドであり、データへの接続やプログラム、ワークフロー、モデルを開発と運用環境で実行します。内蔵の SAS 言語コンパイラーと共にプロセッシングエンジンは、SAS、SQL、Python、R 言語を混合したアプリケーションを実行することができます。


Jupyter カーネル

Jupyter Notebook 環境で SAS 言語を使用します

WPS Analytics のユーザーとは?


新旧のデータへアクセス

WPS Analytics は巨大なデータを処理するために設計され、Hadoop やデータウェアハウス、データベース、SAS と WPS のデータセット、Excel スプレッドシート、SPSS、ウェブデータ、JSON、XML を含む大多数のデータへアクセスすることができます。


柔軟なデプロイメント

今の時点で適正なデプロイメント設計を選択して、後で調節したり強化することが容易にできます。デスクトップやサーバー、メインフレームデータセンター、クラウドなどがプラットフォームとして使用できます。


基礎から応用まで1つのプラットフォームで

  • コーダーは SAS、SQL、Python、R 言語を混合することができます
  • コーダーではなくてもドラッグアンドドロップ機能のワークフローを使用する
  • コーダーはコードブロックによってワークフローを拡張することができます
  • 繰り返し可能な ETL やデータ準備処理を作成できます
  • インタラクティブなモデリングツール
  • スコアカードの構築
  • 異なるグループや技術者の間でワークフローを共有して共同作業ができます

12カ月以内に投資利益率を得る

投資利益率を最大にして総保有コストを最小にします。容易な実装と移行と共に、コストは管理下で維持され一方でプラットフォームの拡張を継続できるという自信を持ってデータを拡大することができます。

30日間無料の WPS Analytics 試用版