World Programming は無償の WPS アカデミック版を公表
WPS アカデミック版は学術研究やデータサイエンスや産業分析、SAS 言語のプログラミングにおける技術を習得したい学生のために無償でご利用いただけます

英国、ロンドン –2016年09月26日– World Programming は本日、世界中の教育機関における学生や研究者の方に無償でご利用いただける WPS アカデミック版をリリースすることをお知らせいたします。WPS アカデミック版はワークステーションやサーバー、メインフレームで使用できまた、ソフトウェアの全機能をデーターセットのサイズ制限無くご利用いただけます。

これは洗練された産業データサイエンティストによって世界中で使用されている、速くて堅牢な業務用の分析ソフトウェアと同じものを教育機関においてご利用いただける良い機会です。WPS の分析プラットフォームには R の使用が組み込まれた SAS 言語コンパイラーが含まれており、最小限の計算資源で最終的にはペタバイトのデータまで拡張可能です。この用途多様なプラットフォームではデータ検索や統合、データ準備や集約、視覚化、モデリングや推定、スコアリングや生産分析、プレゼンテーションや結果のパブリッシングなどを含むデータに関連する大抵の作業をユーザーが行うことができます。

数学や統計学だけではなくどのような学部の生徒でもこの強力な分析機能を利用することができます。WPS アカデミック版を無償で提供することによって、WPS は世界最大規模の事業や政府、組織などで使用されているデータプログラム言語の SAS と R の必要性に学生が迫らたとき、彼らのデータサイエンスにおけるキャリアのための準備を手助けします。

「当社はデータサイエンスと分析における学術もしくは産業でのキャリアに進もうとしている学生の方へ、業務グレードの分析ソフトウェアを無償で提供いたします。」「学生の将来のキャリアのための教育や準備はもとより、教育機関の研究者も難度の高いデータへ挑むためにこの業務用ツールを使用することによって、大きな利益を得ることができると当社は考えています。」 World Programming の取締役である Oliver Robinson はこのように述べています。

WPS ソフトウェアは SAS 言語のプログラムを作成、実行し SAS 言語のプログラム内で R 言語を混合することができます。SAS 言語はウェアハウスや Hadoop、その他のリソースからのデータの結合や準備のような重量級のデータ作業や、また巨大で複雑な統計や機械学習分析の高速処理に理想的です。R 言語と R のエコシステム全体との混合が可能であるため、最新の実験的な統計メソッドをいくつか使用することができます。WPS は柔軟性や機能を一ヶ所で拡張するために、プログラム言語の Python とも混合できる機能をもうすぐ実現する予定です。

「World Programming の無償 WPS アカデミック版はデータサイエンスや機械学習に関する職業を選択しようとしている学生に大きな機会を与えます。」「大学は SAS や R 言語を含む多様なデータ処理言語の異なる強味を使用して、研究のために WPS プラットフォームの重量級データの分析機能を利用できるようになります 」ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)とアラン・チューリング研究所の大英帝国勲章司令官・英国王立工業アカデミーフェロー Anthony Finkelstein 氏はこのように述べています。

WPS アカデミック版の詳細な情報については次のアドレスでご確認ください。 https://www.worldprogramming.com/jp/try-or-buy/editions/academic

World Programming について

World Programming はワークステーションやサーバー、クラウド、グリッド、メインフレームシステムなどで SAS と R 言語に対応している、 WPS という実務分析とデータサイエンスのプラットフォームをご提供しています。World Programming は品質や信頼性、パフォーマンス、顧客サービス、価格設定において評価を築いてきました。世界中で各産業の主要組織が生産において WPS ソフトウェアを使用しています。

World Programming と WPS ソフトウェアについての詳細は次をご確認ください。 https://www.worldprogramming.com/jp/home

プレス関係のお問い合わせ