World Programming は2017年の新しい実務分析とデータサイエンスの機能を発表します
WPS バージョン3.3は2017に向けてリリースの準備が整い、生命科学や製薬、金融サービスなどのデータサイエンスの専門家を手助けします。

英国、ロンドン – 2016年12月15日 – 産業分析とデータサイエンスのプラットフォームの有力な提供者である World Programming は本日、生命科学や製薬、ファイナンシャルサービスを含む業界で働くデータサイエンティストやデータサイエンスチームのために開発された新機能を発表します。さらに分析機能や高い生産性を実現するために設計された WPS バージョン3.3は、既にサポートしているデータサイエンスと科学のためのコンピューター言語である SAS や SQL、R に合わせて Python プログラミング言語へ対応し、加えて幅広く使用されている Python プログラミング言語のための無料の機械学習ソフトウェアライブラリである scikit-learn を含む、多様なオープンソースや商用ライブラリまたはパッケージへ、ユーザーは SAS プログラム内からアクセスすることができます。

World Programming のソフトウェアエンジニアと数学者で編成されたチームは、データサイエンスと産業分析のために業界で最もパフォーマンスと信頼性が高いソフトウェアを制作することに成功しました。今日まで、World Programming の製品開発チームは500万行以上のコードを WPS ソフトウェアプラットフォームのために記述してきました。最新の WPS リリースでは60万行のコードがさらに追加されました。

「この18ヶ月で WPS ソフトウェアに追加された作業を当社では誇りに思っています。今回は業務用に特化した機能を追加する一方で、コアの部分にも改善を加えています。」 World Programming の取締役である Oliver Robinson はこのように述べています。生命科学や製薬業界では救命臨床試験を分析するための複雑な方法を用いる一方で、銀行や保険業界は顧客の財産を保護し、詐欺撲滅に取り組むことで保険料を下げるよう試みています。WPS バージョン3.3はこれら成長過程にある分野へ、データサイエンスを用いることを容易にするための手助けをします。

生存分析

WPS バージョン3.3には生存分析を行うことができる機能があります。時間事象を予想するのが重要である様々な分野においてこの分析はよく用いられています。医療分野では広く普及しており、生存分析は治療後の患者の生存率を予想するための主要な方法となっています。

工業エンジニアリングでの製造物が故障するまでの時間を予測したり、マーケティング業界では固定客を予測することを含めて、その他の分野でもこの高度な統計技術は用いられています。

詐欺の検出

詐欺の分析は WPS バージョン3.3を新しいレベルにまで引き上げました。WPS を使用してのデータ準備が容易になり、広く利用されている Scikit-learn ライブラリと共に適切な Tensorflow と Theano フレームワークを用いた高度な深層学習モデルに適用するために、Python 言語を簡単に活用できるようになりました。単独の分析環境に留まるということは、詐欺モデルのパフォーマンスを向上させまた作業時間を削減します。

保険料金価格

WPS バージョン3.3 は、保険計理人に広く使用されているモデルアプローチである、一般化線形モデル(GLM)を使用した保険の格付けプランを作成するための総合的なオプションのセットを含む、新しい保険価格モデルを構築するための手法を含んでいます。これら拡張されたオプションはクレームの頻度、クレームの重大さ、純保険料、損害率、詐欺の検出や予防、更新の予測を含めて幅広い予測モデルへ適用することができます。加えて、新しく行列プログラミング機能で計算量が集中するオペレーションのために反復法を使用することができるようになり、価格最適化アルゴリズムにおいて効果的に活用できます。 

WPS バージョン3.3は ARM の新しい64-bit (AARCH64) ハードウェアプラットフォームまたは最近 IBM によって発表された Power アーキテクチャー上の Linux 上で実行することができます。両プラットフォームとも高機能であり低電力消費であるため、 WPS ユーザーはさらに低価格で作業を完了することができます。WPS バージョン3.3は現在ご利用いただけます。

World Programming と WPS バージョン3.3についての詳細は https://www.worldprogramming.com/jp/homeでご確認ください。

World Programming について

World Programming はワークステーションやサーバー、クラウド、グリッド、メインフレームシステムなどで SAS と R 言語に対応している、 WPS という実務分析とデータサイエンスのプラットフォームをご提供しています。World Programming は品質や信頼性、パフォーマンス、顧客サービス、価格設定において評価を築いてきました。世界中で各産業の主要組織が生産において WPS ソフトウェアを使用しています。

World Programming と WPS ソフトウェアについての詳細は次をご確認ください。 https://www.worldprogramming.com/jp/home

プレス関係のお問い合わせ

  • 10Fold Communications
  • プレスチーム
  • 1 (617) 733-2173