WPS Language SDK

SAS 言語モジュール

WPS Language SDK

デベロッパー用カスタム言語アイテム

アセンブリや C もしくは C++ など従来のプログラミング言語に親しみのある方は、 WPS Language SDK デベロッパーモジュールを使用して言語アイテムを追加し、 WPS での SAS 言語の対応を拡張していただくことが可能です。

独自のカスタム言語アイテムを作成すると、同じプラットフォーム上で WPS を使用しているユーザーへ、自由にこのアイテムを再配布することができます。

カスタム言語アイテム対応の種類

下の表では WPS Language SDK で開発できる言語アイテムの種類を示しています。

言語アイテム 開発できるかどうか
コールルーチン はい
関数 はい
フォーマット はい
インフォーマット はい

依存関係と使用方法

WPS Language SDK は全ての対応しているプラットフォームでご利用いただけます。

カスタム言語アイテムを作成するには、 C か C++ のサードパーティー製のコンパイラーもしくはアセンブラーが必要です。言語アイテムが一度コンパイルされると、その言語アイテムを実際に使用するのにサードパーティー製のコンパイラーは必要ありません。


その他の SAS 言語モジュール