WPS Interop For Python

SAS 言語モジュール

WPS Interop For Python

SAS 言語と共に Python を使用する

WPS Interop for Python モジュールはご利用の SAS プログラムでの Python 言語の使用に対応しています。Python で書かれたプログラムの箇所はデータと共にご利用の Python 環境によって自動的に処理されます。

相互運用の理由

Python と SAS 言語を結びつけることで統合ソリューションを作り出します。高性能なデータ処理と産業分析に強みを持った SAS 言語と使い慣れた Python シンタックスとライブラリを一緒に。データは単一の SAS プログラム内で、 Python と SAS 言語間の交換と処理を簡単に行うことができます。

Python プロシジャ

このプロシジャでは SAS プログラム内に Python シンタックスを直接記述したりインクルードすることができます。SAS プログラムが実行されると、WPS は SAS シンタックスを処理して、Python シンタックスの実行にはインストールした Python 環境を使用します。

Python 環境によって生成されたログ情報は自動的に WPS に返され、そのまま WPS ワークベンチ GUI で表示することができます。

PROC PYTHON は SAS と Python 言語環境の間でデータを交換するシンプルで効率が良い方法を Pandas の DataFrame を使用することによって提供します。

依存関係と使用方法

WPS Interop for Python は下の表で対応しているプラットフォームで使用できます。

プラットフォーム 対応しているかどうか
System p (POWER) 上の AIXいいえ
ARM 上の Linuxいいえ
System p (POWER) 上の Linuxいいえ
x86上の Linuxはい
x86上の macOSはい
SPARC 上の Solarisいいえ
x86上の Solarisいいえ
x86上の Windowsはい
メインフレーム System z 上の Linuxいいえ
System z 上の z/OSいいえ

詳細情報

以下のドキュメントで WPS Interop for Python のセットアップ方法と使用方法をご確認いただけます。

Python プロシジャ 記述
WPS-Python-Procedure-User-Guide-Syntax-Diagram.pdf (200 KB) WPS Interop for Python モジュールのユーザーガイドと言語サポートの索引(ダイアグラム版のシンタックス)
WPS-Python-Procedure-User-Guide.pdf (196 KB) WPS Interop for Python モジュールのユーザーガイドと言語サポートの索引(テキスト版のシンタックス)

その他の SAS 言語モジュール