WPS Engine for ODBC

データエンジンモジュール

WPS Engine for ODBC

ODBC データベースへの接続

WPS Engine for ODBC モジュールで、 ODBC を使用して接続できる全てのデータベースへの接続が可能になりました。

アクセスのタイプ 対応しているかどうか
読み はい
書き はい
更新 はい
テーブルの新規作成 はい
暗黙的なパススルーのサポート はい
明示的なパススルーのサポート はい
SQL Server のためだけのバルクロード はい

この ODBC 用の WPS エンジンは、 ODBC ドライバーがあり ODBC API を使用して接続できる全てのデータベースへ接続します。

依存関係と使用方法

WPS Engine for ODBC は、下の表で対応しているプラットフォームでのみの使用になります。

プラットフォーム 対応しているかどうか
System p (POWER) 上の AIX * はい
ARM 上の Linux * はい
System p (POWER) 上の Linux * はい
x86上の Linux * はい
x86上の macOS ** はい
SPARC 上の Solaris * はい
x86上の Solaris * はい
x86上の Windows *** はい
メインフレーム System z 上の Linuxいいえ
System z 上の z/OSいいえ
* AIX on System p (POWER) や Linux on ARM、Linux on System p (POWER)、Linux on x86、Solaris on x86、Solaris on SPARC プラットフォームでの使用では、サードパーティー製の ODBC ドライバーとご利用のデータベースと UNIX プラットフォームに適したマネージャーを取得する必要があります。
** macOS での使用では、オペレーティングシステムに ODBC アドミニストレーターが供給されていますが、ご使用のデータベースに適したサードパーティー製の ODBC ドライバーを取得する必要があります。
*** Windows での使用では、オペレーティングシステムに ODBC アドミニストレーターが供給されていますが、ご使用のデータベースに適したサードパーティー製の ODBC ドライバーを取得する必要があります。

その他のデータエンジンモジュール