SAS 言語

SAS 言語のプログラムの構築と実行

完全一体型の SAS 言語対応

WPS Analytics はサードパーティー製の製品をインストールする必用なく、 SAS 言語の構文で記述されたプログラムを実行することができます。


  • データアクセス
  • データセットオプション
  • DATA ステップステートメント
  • フォーマットとインフォーマット
  • グローバルステートメント
  • マクロ
  • ODS
  • プロシジャ
  • システムオプション
  • ログ
  • データセット
  • テキストファイル(CSV など)
  • リストアウトプット
  • HTML アウトプット
  • PDF アウトプット
  • テーブル
  • グラフとチャート

幅広いプロシジャへの対応

  • グラフとチャート
  • 統計分析
  • 時系列分析
  • 行列の操作
  • 機械学習

言語混合のためのプロシジャ

WPS Analytics には、1つのプログラムでSQLや PythonRHadoop を使用し、またデータを交換するための SAS 言語のプロシジャがあります。

SAS 言語のリファレンスガイド

WPS Analytics での SAS 言語サポートについてのリファレンスガイドをダウンロードするにはこのウェブサイトのドキュメンテーションセクションをご確認ください

データの割り当て

WPS Analytics は Hadoop やデータウェアハウス、データベース、データセット、データファイル、スプレッドシートへ接続します。


コーディング機能

  • SAS プログラムの編集
  • SAS プログラムの実行と結果やログ、ライブラリ、データセット、アウトプットなどの探査
  • データセットの編集
  • CSV や Excel からまたは双方へのインポート/エクスポートウィザード
  • ワークベンチ拡張のための広範囲なオープンソースプラグインの選択

既存の SAS 言語のプログラムへの投資を無駄にしません

既存 SAS プログラムを移行

SAS 言語のプログラムの移行の最初のステップは、WPS Analytics 内蔵のコード分析ツールを実行してプログラムが WPS Analytics で実行するために互換性があるかどうかを確認することです。