移行

既存の SAS 言語のプログラムへの投資を無駄にしません

WPS Analytics で既存の SAS 言語のプログラムを実行する

WPS Analytics に内蔵されている SAS 言語コンパイラーと共に、既存の SAS プログラムの移行や管理、実行また新しいプログラムの開発を行います。


3ステップで WPS Analytics へ移行する...

translation missing (wp_translate): key = first_step, options = {:scope=>"information.migration.images"}

コードの分析

  • 既存の SAS 言語のプログラムと WPS の機能的な適合性を検証するために WPS Analytics のコード分析ツールを試用
  • 製品の適合性の確認や、必用であればロードマップについて議論する
translation missing (wp_translate): key = second_step, options = {:scope=>"information.migration.images"}

評価する

  • WPS のテストや機能やパフォーマンスの評価を行うために WPS Analytics をデプロイする
  • 移行作業の定義を行う
translation missing (wp_translate): key = third_step, options = {:scope=>"information.migration.images"}

移行する

  • WPS Analytics で実行するためにプログラムを移行する
  • アウトプットを検証する
  • 移行を完了する

translation missing (wp_translate): key = code_analyser, options = {:scope=>"information.migration.images"}

コード分析ツール

WPS Analytics のコード分析ツールは、WPS プロセッシングエンジンとの互換性を表示するために数百の SAS 言語のプログラムを数秒でチェックすることができます。

コード分析ツールの概要と使用方法についての PDF ドキュメントをダウンロードする

WPS へ移行すると多くの利点があります

運用コストを削減する

既存の SAS 言語のプログラムを WPS Analytics へ移行すると通常、費用効果の高いライセンスの選択肢によって運用コストが削減されます。


データ処理を中心とする言語を組み合わせる

WPS Analytics は、1つのプログラムで SAS 言語のコードと SQL、Python、R を混合する柔軟性を備えています。


ユニバーサルなデータアクセス

WPS Analytics は Hadoop やデータウェアハウス、データベース、データセット、データファイル、スプレッドシート、JSON、XML、ウェブサイトやウェブサービスを含むデータソースへアクセスすることができます。


柔軟なデプロイメント

現在適正なデプロイメントのためのアーキテクチャを選択し、後に必用に応じて調整できます。WPS Analytics はクラウドでもデスクトップやサーバー、メインフレームの環境でも使用できます。