プラットフォーム

メインフレーム System z 上の z/OS

対応している z/OS のバージョン

下記の表は WPS が現在対応している メインフレーム z/OS のバージョンです。

System z 上の z/OS
  • z/OS 2.2
  • z/OS 2.1
  • z/OS 1.13
  • z/OS 1.12
  • z/OS 1.11
  • z/OS 1.10
  • z/OS 1.9

その他メインフレームの選択肢

メインフレーム System z 上の Linux 下で IFL ハードウェアを使用して WPS を使用するという選択肢もあります。これは System z 環境においてパフォーマンスを改善し、大幅にコストを削減できる可能性があります。

  • WPS CLI アイコン
    コマンドラインと JCL の使用

    TSO、USS、JCLから WPS CLI を使用して、SAS 言語で書かれたスクリプトでジョブやプログラムを実行する

  • WPS Communicate アイコン
    リモート送信プログラム

    リモートサーバーやメインフレーム上でスクリプトの一部をプログラム的に実行し、データのアップロードとダウンロードを行います