データへのアクセス

どのようなソースからでも異なるタイプのデータを使用します

どんなデータでも使いこなす

WPS Analytics は Hadoop ビッグデータ環境やデータウェアハウス、データベース、データセット、データファイルとスプレッドシートを含む業界標準のデータソースやデータファイルへ接続し使用することができます。

優れたデータ処理

WPS プロセッシングエンジンに内蔵されているSAS 言語サポートは巨大なデータ量を処理するための無限の拡張性とパフォーマンスを提供します。


ワークフローでデータへアクセスする

データへアクセスするためにドラッグアンドドロップのブロックで ワークフロー を構築します

データベース *

  • DB2
  • Oracle
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • SQL Server

データファイル *

  • CSV
  • WPD(WPS データセット)

その他のデータソース

  • さらにデータソースへアクセスするためにコードブロックを使用します

* データベースとデータファイル専用のワークフローのブロックを使用するために、コーディングスキルは必要ありません


I/O 機能

  • クリップボード(Windows のみ)
  • DDE(Windows のみ)
  • EMAIL(SMTP もしくは MAPI を通して)
  • FTP
  • HTTP
  • PIPE(Windows と UNIX のみ)
  • SOCKET
  • STDIO
  • URL

Hadoop ビッグデータ