WPS バージョン 2.5のリリース

ブログ

Megaphone

投稿日

2010年08月12日

カテゴリー

製品

共有

World Programming は本日、 WPS バージョン2.5をリリースしました。WPS ソフトウェアはワークステーションやサーバー、メインフレームシステム上でデータ処理に対応し、最新リリースで追加された多数の新機能は、前バージョンからパフォーマンスを大幅に改善するために、 PROC SORT でのマルチスレッディングへの対応とワークステーションとサーバーで64ビット版という選択肢の実現を取り入れました。この最新の WPS のリリースはまた、継続した言語サポートの拡大を視野に入れています。

WPS バージョン2.5の最新情報

  • 32ビットと64ビットモードに対応

    32ビットバージョンに加えて64ビットバージョンのオプションが WPS 2.5に導入されました。64ビットバージョンは32ビットバージョンよりも高性能となりましたが、言語と機能へのサポートは同じです。

  • マルチスレッドソート

    マルチ CPU コアもしくはハイパースレッドのユーザーは、新しく追加されたマルチスレッドへの対応で PROC SORT を含む全てのソート操作において、著しいパフォーマンスの改善を期待できます。

  • コア言語サポート

    WPS 2.5はコア言語のサポートを拡張し続けています。このリリースでは INFILE User Exits、ISPF 機能、CPORT、CIMPORT、FORMS、SOURCE、PDS、などの新しいプロシジャ、PDSCOY への基本的な対応、その他新しい言語アイテムに新たに対応しました。

  • ファイルとディレクトリーの操作機能

    ファイルやディレクトリー一式を操作する CPORT、CIMPORT、FORMS、SOURCE、PDS 等へ新たに対応しました。

  • 統計分析

    WPS Statistics は SURVEYSELECT、FASTCLUS、ANOVA を含んでプロシジャへの対応を拡大しました。

  • グラフィック

    WPS Graphing PLOT2 を含む多数の言語アイテムに対応しました。

  • OLEDB

    新しい OLEDB 用の WPS エンジンで OLEDB インターフェースに対応しているサードパーティー製のデータソースへのアクセスが可能になりました。

  • Microsoft Excel® & Access®

    Microsoft Excel ® への直接のIMPORT と EXPORT が DB ファイル用の WPS エンジンで対応しました。WPS 2.5の新しい OLEDB 用 WPS エンジンはMicrosoft Access ® に直接対応しています。

  • Informix®

    新しい Informix 用の WPS エンジンは Informix データーベースへのアクセスへ専用で対応しています。

  • SASDASD

    メインフレームでは SASDASD データファイルにへのアクセスへ対応しました。

追加情報

新規ユーザーの方

新規ユーザーの方は、 WPS で利用できる機能や無料評価版がリクエストできる こちら をご確認ください。